安全で美味しいお水がある生活はいい♪
クリティア
毎日飲む水だから・・クリティア

2007年12月31日

ロハスの意味

ロハス意味最近「ロハス」という言葉の意味を知る人が多くなり、自然志向の人の広がりを感じています。とは言っても、「ロハスって何?」という方もいらっしゃると思いますので、ロハスの意味をお伝えします。

ロハス(LOHAS)の意味は「健康と地球の持続可能性を志向するライフスタイルの総称」を指します。ロハスとは人の健康と自然環境の保護を優先的に考えたライフスタイルのことです。

英語のスペルのLOHASは「Lifestyles Of Health And Sustainability」の略で頭文字をつなげたもので、アメリカで生まれたマーケティング用語です。

具体的にロハスを意味するものとして、環境に配慮した自然派化粧品、住宅、オーガニック食品、自然食、リフォーム、カフェ、レストランであったり、スローライフなどの生活スタイルを指す場合など、ロハスという言葉の意味は結構幅広いものと言えると思います。

環境問題の意味をそれぞれが考え、自然と接点のあるライフスタイルを心掛ける人が増えています。色々な分野でロハスをテーマしたモノ、サービスも目にするようになりました。時代の変わり目を感じます。

時代には各世代に意味があると思います。戦後の大量消費社会が行き着いた先が、地球環境破壊、格差社会でした。その解決策として、「古きよき時代の自然の叡智」と「近代の文明」が合わさった自然に持続可能な「ロハス」な生活などが見直されていると思います。

最近は小学生でも学校で自然を破壊して来た歴史を学び、自然の意味を考え、環境を題材した演劇するような学校も出てきました。次世代を背負う子供達がすでに自然や環境への意識が高まりつつある今、ロハス的な意識の持ち主が加速して増えていくと思います。地球の環境問題にも少し明るい兆しが見えてきました。

だからといって急に自然の化粧品、オーガニック食品に換え、ロハスなカフェやレストランに足を運ぶだけがロハスではないと個人的に思ってします。勿論そういったことも大切です。しかしそれだけがロハスの意味を知ることではないと思います。

自然志向のグッツを選択するような小さな心掛けと同時に、精神的にもロハス意識を持ち、「地球の環境」や「人間の健康」の意味を探りながら自分らしいライフスタイルを築くあげていくことが必要だと考えます。

このサイトは個人で運営しているブログですが、『ロハス』をテーマにし、自然な生活を望む人々の生活向上するのに役立つ情報を配信します。人生は意味のある時間を過ごしましょう。自然に、そして自由に!快適に!


posted by kenta at 10:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ロハス(LOHAS)の意味とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

ロハス族が瞑想する意味

ロハス族の中には瞑想をする人も少なくないようです。自然志向の探求心が精神面の神秘に興味を持つからです。


瞑想のやり方は色々と存在しますが、
多くは東洋の古い知識体系の中から生まれたものが多いようです。
また瞑想の効力は脳波の測定などから科学的に証明されている部分もあります。


ロハス族が瞑想をする意味は、自分の自然意識と繋がりを持つためです。自然意識と繋がるということは、ロハスの意味でもある「健康と地球の持続可能性を志向するライフスタイル」と深い関連性があります。地球環境との接続を持つヒントが含まれています。



人は現代の慌しい社会において自然の声が聞きづらくなってしまっています。ですから静かなところで自分を見つめるという作業は精神の安定性にも効果がありますし、ストレス解消の働きもあります。


疲れを癒すだけでなく、体の中に自然のエネルギーを充電するという意味もあり、瞑想を続けているとストレスを寄せ付けない強い体になっていきます。


ロハス族の中には瞑想をはじめてストレスが減り、
酒やタバコを止められたという人もいるようです。



現代人は日常生活の中では、ついつい目先のことに気がいってしまい、
本来の人としての生活から離れていってしまう傾向があります。



その結果が効率性や利便性のみを追求してしまい、
結果的には地球環境を破壊してしまいました。



今ここで自分の中の自然意識に目を向け、その自然意識との繋がりを強めていくことこそ、ロハスの持つ意味に沿うものであり、貴方が真の健康に近づいていくことができ、地球環境問題の解決の糸口を見つけ出せる唯一の方法ではないでしょうか?


その為に瞑想はおススメです。


また瞑想のやり方ですが、
どんなやり方が良いと言えるものはないと思います。


人それぞれにあった瞑想法があると思います。
有名どころで言うとTM瞑想などありますが、
自分の合ったものを見つけることだ大切です。

















posted by kenta at 14:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ロハス(LOHAS)の意味とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

ロハスの意味

ロハス(LOHAS)の意味は、「健康と地球の持続可能性を志向するライフスタイルの総称」を指します。


すなわち、ロハスとは人の健康と自然環境の保護を優先的に考えたライフスタイルのことです。


英語のスペル、LOHASは「Lifestyles Of Health And Sustainability」の略で頭文字をつなげたものです。


アメリカで生まれたマーケティングコンセプトの造語です。最近ロハスな生活を提言する人が、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本で増えています。


アメリカでは成人人口の20%強がロハス層と言われていますし、
日本でもロハスな生活をする人が急激に増えています。


日本では、日経新聞が関連記事を掲載したのがきっかけで、月刊誌『ソトコト』が特集を組むなどし注目され広まってきました。


また、LOHAS SUNDAY(ロハス・サンデー)というラジオ番組が放送され、 テレビ番組、ロハスな生活(テレビ東京)でも取り上げられました。


もう少し具体的にロハスについて話すと、
人の健康を意識した食をすることであったり、
地球環境の保護を優先した生活の製品や商品の選択であたっり、
瞑想、ヨガなどの精神的な自己啓発であったりします。


シンプルライフとかスローライフなどのライフスタイルもキーワードと
されていて、地球環境保護などの運動なども含くめてロハスと呼ばれています。



また反面ロハスへ対する批判的な意見もあります。
ロハスはあくまでもマーケティングコンセプトのために生まれた言葉であり、ビジネス的な考えが強すぎるため、 健康や環境にどれだけ良い影響があるのか分からないという指摘もあります。


言葉の概念はこのような内容になりますが
ロハスの定義は明確でないところもあるのが現状です。


しかし、ロハスの流行が地球の環境問題や健康に気付く機会になっているのは事実です。一人一人が地球の自然や個々の生活を振り返り、
自然への影響を優先した生活をするところに意味があります。


全体的なロハスの概念もありますが、
一人一人が自然な生活を心掛けるところに意味があります。


これを機会に貴方もロハスをいう言葉を知り、
今一度、自分の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?





posted by kenta at 15:15| Comment(1) | TrackBack(1) | ロハス(LOHAS)の意味とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ロハスの意味」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。