安全で美味しいお水がある生活はいい♪
クリティア
毎日飲む水だから・・クリティア

2006年12月02日

ロハスな生活は食生活の改善から

ロハスな生活を始めるきっかけは食生活の改善からでした。


それはあるスポーツのイメージトレーニングのセミナーに参加したときのことです。プロ野球をはじめ各スポーツ界の一流選手の参加するセミナーでした。


そのセミナーのカリキュラムに食に関する講義が含まれていたのです。
スポーツ選手は体が資本です。そのために健康で身体能力の高い体をつくるための食生活の改善の講義があったのです。


私のロハス志向はそこから始まりました。


食生活の改善は有機栽培の玄米を主食とする自然食にすることから始めます。玄米はミネラル、ビタミン豊富の食材です。そして体の中の毒素を外に出す効果を持っています。


その玄米を中心に無料薬栽培の野菜やオーガニック食材の食事をとるという食の改善方法でした。


ロハス族の一歩を踏み出した私は、
「健康は食にあり」ということを学びました。
食生活こと健康と密接な関係にあることを学びました。
そして自分で自分の健康を守る方法を知りました。


要は体は、食べたものが血になり肉となるのです。
当然体に良いものを食べれば健康になり、
体に悪いものを食べれば不健康になります。


原理は至って法則はシンプルです。
ロハス志向の人はこのことを理解したいます。


私は3ヶ月の食の改善で、10キロ痩せ、至って健康な体質になりました。
健康への意識の高いロハス志向の方は食と健康の知識を身に付け、
是非実践してください。


食の知識を付けるのにお勧めの本があります。ロハスな生活には
欠かせないことが書いてあります。

「健康と美容の食生活」森下敬一著(文理書院)

第一章 現代栄養学の間違い
第二章 健康と美容の条件
第三章 あなたは毒を食べている
第四章 なぜ現代人は健康をむしばまれるのか
第五章 人間の精神と身体と食物の関係
第六章 ガンの原因・予防・治療法


この本には健康と食の関係が分かり易く書いてあります。
現代の間違った?栄養学とは根本的に考え方が違います。


内容を読んでビックリする方もいるかもしれませんが、
ロハス志向の方にとっては、知っらなきゃヤバイ食生活の情報です!


そして有機栽培や無農薬栽培の食材を選択するということは、
ロハス族にとり大きな意味があります。


そうです。地球環境の保護に繋がるからです。


害虫除けの目的で撒かれる農薬は、
地球の土をダメにします。虫も生きることができない土壌環境を作ってしまいます。


そして化学肥料も同じです。石油をもとに作られた化学肥料が土壌に良いわけがありません。


当然まわりに植物へ大きな悪影響を施します。その悪影響が循環して、地球の緑を破壊し結局私たちの生活につけが廻って来ます。


ロハスな生活をするなら、農薬や化学肥料の悪影響を理解しておく必要があります。


食材の購入の際、ロハス志向の高い方は、有機栽培や無農薬の食材を選択するようにしましょう。ロハス派の方が増えれば、だんだんと農薬や化学肥料を使った食品が市場から減っていきます。


ロハスの広がりにより食生活の改善を通して健康になり、
且つ地球の環境がよくっていく。そんな時代がくることを願っています。


ロハス族、バンザーイ!












ラベル:ロハス
posted by kenta at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ロハスな生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロハスの意味を理解し生活に取り入れる。

ロハスの意味はお分かり頂けましたか?


今回はロハスの意味を知り興味を持たれた方へ
ロハスな生活の始め方を話します。


ロハスという言葉を聞いて、
「どんな生活スタイルをイメージされましたか?」


人により色々なロハスな生活をイメージされたかと思います。


健康のために自然食へ変えようとか、
使えるものはリサイクルしようとか、
エコを考慮した製品を選択するとか、
・・・


皆さん、色々とイメージが出てきたかと思います。
ロハスはその人にあったそれぞれの生活スタイルがあります。


まずは浮かんで来たイメージをもとに、
行動に移されることをススメます。


「健康」「地球環境保護」などのテーマで考えたときに、
興味を持てるものを入り口とするのが、
無理なく長続きするコツです。


興味もないのにロハスに取り組むような無理をしては、
健康もエコも快適生活も離れていってしまいます。


ロハスな生活は、貴方の興味の持てることから徐々に始めましょう。
あまり大きなことからではなく、小さいことからで良いのです。


オーガニックショップに行ってみる。
本屋で自然をテーマにした生活に関する本、
ロハスのタイトルが付いた本などを手にしてみる。
何でもかんでも捨てないでリサイクルに出してみす。

そういった小さなことや身近なことから始めると良いと思います。
そこが貴方のロハスな生活の出発点なのですから。





posted by kenta at 15:16| Comment(3) | TrackBack(3) | ロハスな生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロハスの意味

ロハス(LOHAS)の意味は、「健康と地球の持続可能性を志向するライフスタイルの総称」を指します。


すなわち、ロハスとは人の健康と自然環境の保護を優先的に考えたライフスタイルのことです。


英語のスペル、LOHASは「Lifestyles Of Health And Sustainability」の略で頭文字をつなげたものです。


アメリカで生まれたマーケティングコンセプトの造語です。最近ロハスな生活を提言する人が、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本で増えています。


アメリカでは成人人口の20%強がロハス層と言われていますし、
日本でもロハスな生活をする人が急激に増えています。


日本では、日経新聞が関連記事を掲載したのがきっかけで、月刊誌『ソトコト』が特集を組むなどし注目され広まってきました。


また、LOHAS SUNDAY(ロハス・サンデー)というラジオ番組が放送され、 テレビ番組、ロハスな生活(テレビ東京)でも取り上げられました。


もう少し具体的にロハスについて話すと、
人の健康を意識した食をすることであったり、
地球環境の保護を優先した生活の製品や商品の選択であたっり、
瞑想、ヨガなどの精神的な自己啓発であったりします。


シンプルライフとかスローライフなどのライフスタイルもキーワードと
されていて、地球環境保護などの運動なども含くめてロハスと呼ばれています。



また反面ロハスへ対する批判的な意見もあります。
ロハスはあくまでもマーケティングコンセプトのために生まれた言葉であり、ビジネス的な考えが強すぎるため、 健康や環境にどれだけ良い影響があるのか分からないという指摘もあります。


言葉の概念はこのような内容になりますが
ロハスの定義は明確でないところもあるのが現状です。


しかし、ロハスの流行が地球の環境問題や健康に気付く機会になっているのは事実です。一人一人が地球の自然や個々の生活を振り返り、
自然への影響を優先した生活をするところに意味があります。


全体的なロハスの概念もありますが、
一人一人が自然な生活を心掛けるところに意味があります。


これを機会に貴方もロハスをいう言葉を知り、
今一度、自分の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?





posted by kenta at 15:15| Comment(1) | TrackBack(1) | ロハス(LOHAS)の意味とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ロハスの意味」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。